東大生は人生の4年間

東大生は人生の4年間

東大生も他の大学生も、学生生活は長い人生の中の「僅か4年間」という点では共通しています。東大生という問答無用の金看板を自らの努力で勝ち得た事で、将来の進路の選択肢は飛躍的に広がり、そのメリットは他の大学生にとっては憧れとジェラシーの対象となる程ですが、東大生はそれに胡坐を掻く様な学生生活を過ごす事はありません。
家庭教師なるアルバイトが可能な時期もまた、大学在学中のこの限られた期間のみであり、数有るアルバイトの選択肢の中から敢えて家庭教師を選択した理由に関しては、当然個人個人異なります。東大生の家庭教師故の時給面の優遇もその理由の1つですし、胸を張ってその恩恵に与って何の問題もありません。彼等は自身がベストを尽くし、教え子の成績アップというご家族の願いを実現する事で、自身への高評価の感謝を伝える姿勢を有しているのです。

卒業後も教育産業に携わり、名物塾講師や経営陣に加わるなど、次世代の学力向上に尽力する人生を歩む東大生もまた、絶える事はありません。勉強の大変さ、難しさ、達成感など全てひっくるめた「素晴らしさ」を誰よりも知る彼等にとって、それは極めて自然な人生の選択肢なのです。 家庭教師というアルバイトでその第一歩を踏み出す東大生が中心となり、近未来の教育産業と環境をよりプラスの方向へと導いて行くかと思えば、期待感は高まるばかりです。