教える側としても一流

教える側としても一流

東大の家庭教師と聞けば、東大生レベルの学力をそのまま我が子に伝授してもらえる期待感が先行しますが、少し冷静に考えれば、基本中の基本にハッと気づかされます。皆さんのお子様の学年にもよりますが、例えば小学生に東大生レベルの知識や学力を求める必要などありません。お子様の心身に過度な負担が生じる事無く、年齢相応プラスアルファの確かな学力を身につけられれば、本人にとってもご両親にとってもベストなのです。
そして子供達の学力向上の度合いを大きく左右するのが、教える側の技量すなわち「指導が上手か否か」なのです。仮に家庭教師が東大生であったとしても、単に教える側の学力だけが極めて高く、生徒にマッチした指導が出来なければ、お子様にとっても家庭教師と過ごす時間は退屈あるいは苦痛さえ覚える「出来れば回避したい時間」となり兼ねません。

東大生は自身の卓越した学習能力を、生徒の年齢や理解力に応じ、より確かに伝える言葉選びや指導方法の事前確認に余念がありません。何の準備も無くフラリと訪れ、思いつきだけで課題を与え、尋ねられれば教えるといった無計画な指導など、何より自身が許せません。技量のみならず心構えも一流なのが、東大生の家庭教師なのです。