努力を苦にせぬ価値感

努力を苦にせぬ価値感

東大合格という、不特定多数からすれば「偉業」を為し得る若者達には、こんな共通点が見られます。右へ倣えで自分達あるいは我が子にも同じハイレベルな人生を期待出来ますが、そこは現実「言うは易しするは難し」である現実が、高いハードルとなって目の前にそびえ立ちます。挑む価値は十分以上のそれこそが「努力を苦にせぬ価値観を抱く」なのです。
皆さんの周囲を見渡せば、おそらく最低1人は二言目に「疲れた」「しんどい」などのネガティブな言葉を無意識に吐き続けておられるかと思います。そんな方々に限って、仕事にせよ勉強にせよ、賞賛に値する結果を叩き出してはいません。この対極の立ち位置を心地良く活きているのが、東大生に多く見られる「努力を苦とも思わぬ」人達なのです。

勿論彼等も感情を有する生身の人間です。気持ちが萎える場面も数え切れず、体調不良や複数の心配事を抱える場面も皆さんと一緒です。それでも安易に弱音や愚痴を零す事無く、コツコツと努力を絶やさないからこそ、東大生という問答無用の立ち位置を勝ち取っているのです。そんな若者と一緒に過ごす時間を我が子にセッティング出来れば、間接的なプラスの影響への期待感は膨らむばかりで当然です。それを最も確実に叶えられる手段、それが東大生の家庭教師である事は、既に皆さんお察しの通りです。