家庭教師としての技量

家庭教師としての技量

「東大生からすれば、我が子の勉強なんて退屈過ぎて、一生懸命指導して貰えないのでは?」との素朴な疑問もまた、多々耳にするのが現実です。あるいは「自分が賢くなるのに一生懸命で、教えるのは上手とは言えないのでは?」との見解もまた、多くの方々が囁く、東大生家庭教師に抱くイメージです。なるほど納得のご意見ですが、結論から申せばいずれも「心配ご無用」です。

東大生は単に偏差値が高い、小中高時代の成績が突出した若者達の集合ではありません。例えばテストの点数に関しても、いわゆる高得点を得るツボやノウハウは存在していますが、それは言い切れば小手先のテクニックです。本当に各教科を深く正しく理解している東大生であれば、相手となる生徒の年齢や理解力に合わせた自分の言葉で、優しく教える事に何の問題も無くて当然なのです。そして何より彼等は家庭教師を務める責任の重さを、誰よりも理解しています。「家庭教師は他のバイトより時給が良くて楽でオイシイ」などと考える向きも存在する中、努力して成果を得る達成感を知る東大生だからこそ、その素晴らしさを教え子にも伝えたいと考えるのは、極めて自然な感情なのです。

勉強の大変さと理解出来た時の喜び、その先に東大生という国内最高峰の大学の扉が待っている「人生のルート」を、彼等は実際に歩んで来ているからこそ、最高の家庭教師となってくれるのです。